ウェルネス気功村
TOPへ戻る
気の萬話
それから、気功することを “練功” っていうんだよね!
練習・練磨・鍛練の「練」は文字どおり、練るっていうことだから、気を練ることが重要なんじゃない?

ニーシュォーダ・トゥィ! … またまた、いいところに、気がついたあるね!
たとえば、異種族通婚の結果、混血(異質の気の混わり)によって、多才に恵まれる子が
多いと言われるあるね!
異なる色の絵の具を練れば、より深みのある色が生まれ、一人の思案よりも、多数の考
案が名案を呼ぶあるよ!」

うん、なんか分かるような気がする
会社の商品開発チームの会議でも、みんなが知恵を出し合うと、かつて一人一人は思いつかなかっ
たような、凄いアイデアが生まれたりして…

そうそう、なんか企業も異業種とのアライアンスとかで、競争力をつけるとか…

「肩が凝ったとき、本人の手をあてるより、他人の手を借りた方が気持ち良い(癒し効果)
ことを、試みて欲しいあるね!
練れば粘りがでるように、練功によって、驚くほどの粘り強さ(根気)や抵抗力(免疫性)
が養えると考えるあるよ!」


いままで、わりと諦めやすかった性格を改善できそうで、なんか嬉しくなってきた!

「悪い気を「邪気」、日本では一般に、「邪気」を祓うっていうあるね!
でも、気の練り方次第で、「正気」に転じ得る段階もあることを、知ってるあるか?
気は水のごとく練れば浄化され、また気質の違う気を練れば、さらに良質な粘りある気
が生まれると考えるあるよ!」


じゃ、どうすればいいの?
 
←呼吸と心身への関係へ
気功的生活習慣へ→

ウェルネス気功村の本事業は、ISOコンサルタント:ISOFL(アイソフル)が実施しております